住宅ローン減税と所得

みなさんも、住宅などを取得する際は、ローンなどでお金を借りると思います。この場合、借入金の一定割合を、所得税から控除されます。この減税を住宅ローン減税と呼びます。

サイトトップ > 住宅ローン減税について

スポンサードリンク

住宅ローン減税と所得

住宅ローン減税について


みなさんは、持ち家にお住まいでしょうか?住宅を新規に買おうとするとその費用はかなり高いですよね。おうちを買うという人は、人生において、一番大きな買い物と言えるかもしれません。 どんなに安い物件でも何百万はするでしょうし、普通で何千万、高いものになると億単位の物件もありますよね。


高い買い物をしてローンを組んだ場合、住宅ローンにおいて、その費用負担を少しでも軽くするため、納税者としての税負担が軽減されています。 みなさんも、住宅などを取得する際は、ローンなどでお金を借りると思います。 この場合、借入金の一定割合を、所得税から控除されます。 もちろん、それにはいくつかの要件があり、該当者のみとなります。 この減税を住宅ローン減税と呼びます。


住宅ローン減税は続いてきましたが2008年12月31日で一度、終了しました。 ですが、その後、国土交通省は、住宅ローン控除として5年間、更に延長されるようになりました。 また、控除率も引き上げ、そして、控除対象に住民税も新たに加え、2009年度からの税制改正案を成立させています。 そして、2009年4月から施行された減税制度、これは最大で600万円の控除を受けられるケースもあるのです。 何度も言うようですが、本当に住宅は高い買い物です。 ローンを組んだら家計も大変になります。 ですから、他の面で少しでもお金が戻ってきたり免除されていたりすることは、ありたがいことですし、助かりますよね


住宅ローン減税と所得

MENU



スポンサードリンク